今も昔もアンダーグラウンド的なサービスでありながら人々に支えられる「出会い系サービス」について振り返る

結婚相談所の歴史

これを読んでいる人の中で、「結婚したい!!」と思っている方はいらっしゃいませんか?そんな人の為に「結婚相談所」はあるのです。ではその結婚相談所とは一体どんなところで、何が出来るのか。

結婚相談所とは

結婚相談所は、出会いからご結婚までをきめ細やかにサポートしてくれる場所です。
色々なタイプの結婚相談所がありますが、お見合いパーティを全国で開催しているところや、結婚相談所に興味はあるけど正直まだ不安や抵抗がある…という人の為に、出会い系から始まるところもあります。
仕事が忙しい人の為に、インターネットでの活動を主としている結婚相談所もあるのです。
もちろん、一度結婚していて再婚を考えている…という方にもご利用いただける場所です。

結婚相談所の起源と歴史

結婚相談所の歴史は意外に古く、その起源は江戸時代中期に遡ります。
その頃すでに「慶安」と呼ばれる結婚をあっせんする職業的集団が存在していました。
江戸木挽町の医師が医療よりも縁結びに力を入れていた事に名前の由来があります。
人脈もありインテリで、地域の信望も厚いとされた町医者は、縁結びにふさわしい存在だったようです。
明治時代に入ると、幕末から西南の役までの相次ぐ戦いで若い男が減っていったり、地方から都会に人が流れ込んできた時代背景を受けて、そういった商売が繁盛しました。
慶安では最初は雇用あっせんも行っていましたが利益が少なく、いつしか結婚あっせんに力を入れるようになったと言われています。
本格的な結婚相談所の第一号が誕生したのは明治13年です。
大阪の山口吉衛門という人が、当局から許可をもらい「養子女婿嫁家妻妾縁組仲媒取扱所」という看板を出したのが最初と言われています。

サービス内容-結婚相談所に行く場合-

まずは資料請求

気になる結婚相談所を見つけたらまずは資料請求をして下さい。
各相談所によってサービスや料金は異なりますので、まずはしっかりとその相談所の事を知ってください。資料請求は無料なところがほとんどなので安心です。

入会する

入りたい結婚相談所が見つかったら入会手続きをします。
このとき、入会費や月会費、活動費の説明を受けることが出来ます。

アドバイザーがつく

入会後、何かと相談できる担当者がつきます。カウンセラー、アドバイザーと呼ばれる人たちです。
パーティー、イベント以外にも服装、髪型のオシャレの仕方といった細かい部分、お互いのデート時のセッティングにもカウンセラーに質問すると優しくアドバイスをしてくれます。

実際に活動する

結婚相談所はあくまで結婚を真剣に求める方の出会いの場であり、必ず結婚まで結びつけるまでの全てをフォローしてくれるわけではありません。
自分自身の努力も必要なのです。自分から気になる相手にメールを送ってみたり、開催されるイベントに参加してみたりと、自分から行動することが大切です。勿論わからない場合は、カウンセラーにアドバイスを求めましょう。

サービス内容-インターネットを利用する場合-

まずは会員登録

サイトによって異なりますが、ほとんどが会員登録無料のところが多いです。
まずは会員登録してみましょう。

プロフィールを作る

自分の理想の相手と出会うには、まずは自分の事を知ってもらわなくてはなりません。
自分のプロフィールを作成してみましょう。質問形式のところが多いので、作成はスムーズです。

相手を探す

自分の理想の相手を各項目から検索。瞬時に結果を表示してくれます。仕事が忙しい人でも簡単に手早く相手探しが出来ちゃいます。

メールのやりとり

気になる相手が見つかったら、早速メールを送信しましょう。そのまま相手と気が合えば、デートの約束も出来るかもしれません。