今も昔もアンダーグラウンド的なサービスでありながら人々に支えられる「出会い系サービス」について振り返る

出会い喫茶の歴史

デート喫茶・出会い喫茶・カップル喫茶…と呼ばれるものをあなたはご存知でしょうか?
「え!そんなもの本当にあるの?!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
世の中は広いもので、ドラマや漫画の世界だけでなく、今でも本当にあるんです。

出会い喫茶とは

出会い喫茶とは男性と女性に会話の場を提供する会員制のお店です。
テレクラや出会い系サイトとは異なり、男性と女性が直接顔を合わせて会話するのが特徴です。
出会い喫茶の店内では男性席と女性席がマジックミラーなどの仕切りで分離されており、店を介さずに女性会員と会話する事は出来ません。
男性会員が気に入った女性をトークルームに誘い、トークが成立後、お店に外出料を払えばデートすることも可能です。

出会い喫茶の歴史

出会い喫茶は、明確な発祥は分かりませんが、関西で約2000年頃の始まったと言われています。
出会い喫茶という名前以外では「出会いカフェ」や「カップル喫茶」「デート喫茶」などと様々な呼び名があったようです。

2006年にはTV番組で取材され、それがきっかけとなり出会い喫茶という言い方が流行となりました。

法的な位置づけ

通常、風営法が従業員による接待が必要になりますが、出会い喫茶の場合は従業員による接待がないので、風営法適用対象外となっています。
ですが、実際に18未満の女性が気軽に売春行為が出来てしまうと言う問題もあり、2008年に京都府と神奈川県で条例改正が行われ、犯罪防止の為に規制が始まっている県が出てきています。

サービス内容

もちろんお店によってサービス内容は異なりますが、一般的には下記のような流れになっています。

お店に行く

店内は女性席と男性席が、パーテーションやマジックミラーなどで分かれており、お店を介さずして会話をする事が出来なくなっているお店が多いです。

お気に入りの女性と話す

男性会員は、気に入った女性がいた場合、女性とお話をします。

気が会えばデートへ

話していた女性と気が合えば一緒に外出する事が出来ます。

出会い見聞録

お勧め様

プレゼントに胡蝶蘭がおすすめ!
お祝いに適した胡蝶蘭を調べてよりよい贈り物を贈ろう!
http://www.kochoran-hikaku.jp/